現在、全国に沢山のよさこい祭りがあります。大江戸ソーラン祭りは、参加チームやボランティアの皆様と共に創り上げていく祭りであり、大人数のチームはもちろん、少人数のチーム、高齢者、障がい者、そして観客のみなさんが心から楽しみ、親しんでもらえる祭りを目指しております。
 こうして、この祭りに関われることを一人の人間として感謝しながら、微力ではありますが、心ひとつにし、元気や喜びを届ける祭りとして努力をしていく所存です。
 また、マザー・テレサの言葉で、「私たちの行いは、大海の一滴にすぎません。でも、何もしなければ、その一滴をも永遠に失われてしまいます。」というものがあります。大江戸ソーラン祭りも、この精神のもと、継続的に東日本大震災の復興を少しでもお手伝いが出来るように、よさこい仲間と共に、努力をしてまいりたいと思います。皆様のご理解とご協力の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

世の中には数多くの「祭り」があり、「踊り」があります。
 それらはすべて人が「何かを表現したい!」という想いから生まれるものです。
 アフリカには言語数が100にも満たない部族があるそうです。それでも「踊り」が存在し、「祭り」が存在するそうです。人は言葉にできない想いを身体を動かすことで表現し伝えることを太古の昔から知っていたのではないでしょうか。

地域経済の活性化
健全な青少年育成への貢献
地球に優しいイベントの開催

私達が豊かで安心した社会生活を送るためには経済の安定、発展が必要不可欠です。
 また、経済の発展と共に、地域住民の心の活性化も大事なことです。私たちは、この「ザ・よさこい!大江戸ソーラン祭り」の開催を通して、地元江東区そして東京に多くの人が集まってもらい、様々な経済活動や流通を行うことによって地域経済の発展と活性化を図り、地元住民同士の心の交流と意識の活性化に寄与できればと願っております。

昨今、昔では考えられないような青少年による犯罪、また青少年が巻き込まれる犯罪が増えています。また、家族間の連帯意識の希薄化、責任意識の欠落など、やりきれない思いを抱かせるニュースが続々と飛び込んできます。
 そのような現状を産みだした背景には、我々大人の意識やモラルの低下、社会の不透明感など、様々な理由が挙げられるでしょう。ですが、「今時の若者は・・・」と、眉をしかめる事ばかりではありません。“今時の若者”ならではの、ハツラツとした、何事にも臆さない潔さ、積極性など、私達大人がうらやましく思えるようなポジティブな面を多く持っているのが現代っ子の特徴なのではないでしょうか?
 私達は、このイベントを通して、健全な青少年教育の一端に寄与し、次世代を担うこれら若者達のパワーをよりプラスの方向に導き、彼等からパワーをもらい、子供や若者と、大人達が真の意味で分かり合い、協力し合い、未来に希望を見いだせる社会作りに貢献できればと願っています。

現在、地球温暖化など、我々が住む大地(=地球)の環境悪化が世界的に叫ばれています。
 車の電気動力化、自然燃料への切り替え、家電製品・工業機械からの二酸化炭素排出を押さえるための技術的な取り組みなど、各国・各業界が全力を挙げて、地球環境の保護に向けた取り組みを行っています。
 このイベントでは、「ゴミをなるべく出さない」「出したゴミは持ち帰る」事を常に意識した、エコロジーに配慮したイベント開催にしたいと思います。その為には、スタッフ・出演者はもちろん、ご来場の皆様にも是非ご協力頂き、クリーンなイベントの開催を通して地球環境への意識を高め、再確認していただきたいと思います。